10/16 毘沙門天

フグ 17 アイゴ 2 ベラ 2 シマダイ 1 海タナゴ 1

急に気温が下がって、薄手の上着だと寒い。
フグだらけの展開で、5センチのフグまでいるから、練り餌はもたない。
磯で見付けた硬い海苔を使ってみると、浮きがゆっくり消し込んだ。
引きは強いけれど、この引きはアイゴ。
コーンを使うと、フグに取られて残らない。
根の際を狙って、ササノハベラが釣れた。

10/13 毘沙門天

カイズ 1 メジナ 4 アイゴ 6 フグ 1

コマセにフグが群がるから、練り餌を素早く1ヒロまで届けると、アイゴが掛かる。
良型メジナの様な強い引きの魚が掛かって、際でラインを出したら、ハリスを切られた。
1.75号に変えると、1ヒロで22センチのカイズが釣れた。
先端が空いたから移動すると、28センチのメジナが釣れた.

10/5 大畑崎

メジナ 3 アイゴ 6 フグ 6 ベラ 2 カワハギ 1 シマアジ 1

過去最大級の極太特大の67センチのボラが掛かって、竿が折られるんじゃないかと思う程絞り込まれた。
さらに37センチのアイゴが掛かって、腕がパンパンになった。
昼から南西風が弱まって来て、遠投出来る様になって、27センチのメジナが釣れた。
練り餌を使い切ったからコーンを使うと、シマアジが釣れた。

10/1 小坪テトラ

カイズ 1 メジナ 45 フグ 2 スズメダイ 1

雨が止むのを待って、昼に釣り場に入る。
1ヒロで25センチ前後の尾長と口太メジナが釣れた、最大で27センチ。
メジナのタナで、20センチのカイズも釣れた。
良型のメジナが掛かって、際のテトラに入られて、ハリスが切られた。
テトラは引きを楽しむ余裕が無いから、掛かったら目いっぱい巻いて、強引に浮かせる。
次の当たりは、どんどん巻いていって、30センチを取り込む。
201001.JPG

9/30 毘沙門天

メジナ 6 フグ 13 サバ 5 アイゴ 2 ベラ 1

前回練り餌の反応が悪かったから、ソフトタイプの練り餌に変える。
今日も1投目からアイゴが掛かって、竿を曲げていく。
その後直ぐにフグが集まって来て、練り餌に食いついていく。
フグをかわして、27センチのメジナが釣れた。
潮が上げてくると、立ち位置が無くなったから、移動する。
フグが連発した後、フグの気配が消えて、メジナが釣れ出した。
200930.JPG
ひと際良く引いた、31センチ。
夕まずめは、30センチ位のサバが連続で釣れた。

9/28 毘沙門天

アイゴ 3

久し振りの磯は気持ちが良い。
この釣り場は、過去に子供と磯遊びに来ただけで、竿を出すのは初めて。
1投目で、アイゴの様な強い魚が掛かって、1.5号のハリスが切られた、今日は2号を使っていく。
フグが寄って来ると、練り餌がもたなくなってしまった。
フグをかわして2ヒロを狙うと、38センチのアイゴが竿を絞り込んだ。

9/25 根岸港

チンチン 2 アジ 3

今日も磯には行けない、用事を済ませて15:00に釣り場に入る、2時間しか出来ない。
北の強風でやりにくい、避難ポイントに入る。
底で餌が残る状態から、コマセが効いてくると、2ヒロでチンチンが釣れた。

9/18 根岸港

キビレ 1 アジ 10 フグ 10 ボラ 5 ベラ 1

磯に行く予定が、南西強風のため、根岸に変更。
今まで釣れていたチンチンが、フグに入れ替わった。
15センチ位のキビレが、1匹だけ釣れた。
灼熱地獄から解放されて、日没まで出来る様になった。

9/15 根岸港

チンチン 13 ボラ 2 ベラ 1

潮が引いているから、遠投して2ヒロを狙う。
さっそく15センチ前後のチンチンが、元気よく浮きを消し込んでいく。
優しく鈎を外して、リリースする。
午後から出掛けるから、13:00終了。

9/11 根岸港

カイズ 1 チンチン 3 キビレ 1 アジ 3 ボラ 2 サヨリ 1

アジが寄って来て、タナが取れない。
アジをかわして2ヒロを狙うと、16センチのチンチンとキビレが釣れた。
さらに深く3ヒロまで仕掛けを落とし込んで、24センチのカイズが釣れた。
200911.jpg

9/7 根岸港

チンチン 11 キビレ 1 サヨリ 2 ボラ 2 フグ 2

用事を済ませて、昼に釣り場に入る。
根岸の湾内まで、台風のうねりが押し寄せている。
3ヒロを狙うと、15センチ位のチンチンが釣れた。
次も16センチのチンチン、アジがいないみたいで、水面にいるのはサヨリ。
3ヒロから2ヒロで、15センチ前後のチンチンが連続で釣れた。
突然の大雨でずぶ濡れになりながら続けると、15センチ位のキビレも釣れた。

9/4 根岸港

アジ 16

9月になったから磯に行きたいけれど、この暑さでは行けない。
底で釣れ出したアジは、段々タナが上がっていき、1ヒロで掛かる。
サイズは15センチまで。

8/31 根岸港

アジ 14 ボラ 1

水面に魚の気配が無く、2ヒロ半でアジが掛かる。
これより深くすると、無反応でオキアミが取られる。
ボラが1本掛かって、一日分の引きを楽しめた。

8/30 小坪テトラ

フグ 8 アイゴ 2

熱を帯びたテトラに囲まれて、過酷な状況の釣りになる。
2ヒロで待ち受けるフグをかわすと、アイゴが竿を絞り込む。
昼から潮が上げてきて、南西風が吹き出すと、しぶきが跳ね上がりだした。
コマセを使い切って、15:00終了。

8/28 根岸港

アジ 10 ボラ 3

磯に行きたいけれど、この暑さでは根岸しか行けない。
1ヒロでアジが釣れて、コマセにボラが反応してくると、60センチ位の特大のボラが掛かる。

8/27 根岸港

アジ 11 ボラ 3 コノシロ 1

暑い中60センチ位の特大のボラが掛かり、何度も何度も竿を絞り込まれて、汗が噴き出した。
アジが寄って来ると、1ヒロでオキアミが取られる。
1ヒロで15センチのアジが釣れて、2ヒロでボラが掛かる。

8/23 小坪テトラ

カイズ 2 メジナ 2 アイゴ 8 イシガキダイ 1 イワシ 1

雨が止むのを待って出掛ける、やっと灼熱地獄から解放されたから、逗子に向かう。
2ヒロと1ヒロ半で、小さくは無い確かな魚を掛けて、連続で鈎が外れた。
3度目はガッチリ掛けて、26センチのカイズを取り込む。
2008231.JPG
次は珍しい20センチ位のイシガキダイが釣れた。
さらにサイズの割には良く引いた29センチのカイズ。
2008232.JPG
一雨降った後アイゴが寄って来て、36センチが釣れた。
1.5号のハリスを切られて、1.75号も切られて、2号のハリスを傷つけながら、40センチが釣れた。

8/20 根岸港

チンチン 1 ボラ 2 アジ 2

1ヒロでアジが掛かり、2ヒロでボラが釣れる。
3ヒロ以下はオキアミが残らないから、狙えない。
一瞬の隙をついて3ヒロまで仕掛けを落とし込むと、10センチ位のチンチンが釣れた。

8/19 根岸港

黒鯛 1 ヒイラギ 2 ボラ 1 アジ 1

底を狙っていくと、ボラが連続で掛かり、竿を曲げていく。
2本目のボラは、姿が見えた後再び抵抗してハリスを切られた。
3度目の当たりで、黒鯛を仕留める。
30センチで小さいから、ボラの引きとは比べ物にならない。
200819.JPG

8/15 根岸港

黒鯛 1 ボラ 3 アジ 1

オキアミが底まで届く、最初の当たりはボラ。
水面で2度3度抵抗して、0.8号のハリスを切られた。
1号を結び直すと、次の当たりは黒鯛の様な気がする。
良型の黒鯛の姿が見えたから、ここから慎重に浮かせて、46センチをタモ入れ。
200815.JPG

8/11 根岸港

アジ 5 ボラ 2 サバ 2

今日はアジとサバが大人しくて、オキアミが底まで届く。
最初に掛かったボラは、底で掛けて横に動かなかったから、浮かせるまで黒鯛だと思った。

8/7 根岸港

アジ 18 サバ 2 サヨリ 1

コマセを撒くと、水面でアジがバシャバシャ反応する。
サバのほうが少し大きいから、引く力がある。
暑いから、コマセをバンバン撒いて、早上がり。

8/4 根岸港

アジ 19 ボラ 1 サヨリ 1

浅いタナに、10センチから15センチのアジが寄っている。
仕掛けが着底後、直ぐに浮きが反応する。
大型魚の波紋が見えた次の当たりで、特大の60センチ位のボラが掛かった。
これ1本で、一日分の引きを楽しんだ。

8/3 根岸港

アジ 11 サバ 2


灼熱地獄の嫌いな季節がやって来て、長い時間は出来ないから、根岸でちょっと竿を出す。
10センチ位のアジと15センチ位のサバが寄って来ると、1ヒロで浮きを消し込んでいく。
アジ・サバがいなくなると、オキアミが残って来る。
2.5ℓの麦茶を飲み干して、15:00終了。

8/1 小坪テトラ

黒鯛 1 メジナ 14 フグ 1

オキアミがそのまま残って来るから、底を狙っていく。
コマセが効いてくると、段々タナが上がっていって、1ヒロで手の平サイズの尾長メジナが釣れた。
サイズは上がらないけれど、尾長も口太も釣れる。
突然メジナがいなくなると、またオキアミが残って来る。
再びタナを竿1本取って、黒鯛を狙う。
1か所にポイントを絞って、コマセを打ち込むと、黒鯛の当たり。
テトラに突っ込まれない様に、先端で引きをかわして42センチを浮かせる。
200801.JPG

7/30 高磯

スズメダイ 3 フグ 3 シマアジ 1 イワシ 1

練り餌が1ヒロで取られて、当たりが出ない。
沖を狙っていくと、20センチ位のシマアジが釣れた。
風が微風でやりやすいけれど、ブヨが大量に寄って来て、両腕を100か所位刺された。

7/27 高磯

メジナ 2 アイゴ 2 スズメダイ 2 フグ 2 ベラ 1

南西風が強めに吹いて、非常にやりずらい。
練り餌が1ヒロで取られて、当たりが出ない。
なんとか2ヒロまで落とし込むと、34センチのアイゴが竿を絞り込む。
メジナは木っ端で、良型の気配が無い。

7/21 高磯

メジナ 11 フグ 2

毘沙門天の道も封鎖されたから、高磯で竿を出す。
オキアミを使うと、1ヒロで手の平サイズ以下のメジナが、尾長交じりで釣れる。
潮が上げてくると、足元までうねりが這い上がるから、場所を移動する。
タナを竿1本取って、練り餌で底を狙っていく。
沖に払い出していく潮に仕掛けを振り込むと、良型の当たり。
見えない根に入ったみたいで、1.5号のハリスが切られた。

7/18 根岸港

サバ 4 アジ 4 ヒイラギ 1

雨が止むのを待って、14:00に出掛ける。
20センチのサバと15センチのアジが、浮きを消し込んでいく。
断続的に雨が降っていたけれど、夕方まで我慢しながら続けた。

7/5 根岸港

黒鯛 1 サバ 1

逗子に向かう途中、雨が降り出した。
小坪でコマセを作っていたら、雨が本降りになってしまった。
しばらく木陰で様子を見ていたら、止みそうにないから諦める。
家で昼食を済ませて、14:30にコマセの消化のため根岸に向かう。
直ぐに20センチ位のサバが釣れた後、当たりが途絶えた。
夕方残りのコマセを撒いていたら、黒鯛の当たり。
ハリスが0.8号だから、ゆっくり引きを楽しんで、30センチを取り込む。
200705.JPG

6/28 根岸港

ヒイラギ 1

雨が止むのを見計らって、14:30に釣り場に入る。
たまにヒイラギがオキアミを取るだけで、浮きは沈まない。

6/26 大畑崎

黒鯛 1 メジナ 2 フグ 1

南西の強風で、体と竿があおられる、仕掛けも手元に戻って来ない。
良い点は、暑さを感じない事と、ブヨが寄って来ない事。
練り餌がフグに取られて、当たりが出ない。
コマセに食い上がるメジナに、タイミングを合わせて仕掛けを振り込むと、やっと28センチのメジナが釣れた。
1ヒロで当たりが出ないから、竿1本取って底を狙っていく。
練り餌が残って来るポイントを重点的に攻めて、浮きがジワリと沈んだ。
最初はアイゴかと思ったら、黒鯛の引きで、姿が見えた。
200626.JPG
31センチでも、引きは強くて、最後まで抵抗した。

6/23 高磯

メジナ 9 フグ 3 アイゴ 2

うねりが這い上がって、一番表は入れない。
根の間に練り餌を振り込むと、34センチ・33センチのアイゴが連続で竿を絞り込んでいった。
サラシの中を狙って、尾長交じりで木っ端メジナが釣れた。
練り餌を使い切って、コーンを使うと、本日最大の26センチのメジナが釣れた。

6/15 小坪テトラ

メジナ 4 フグ 24 イワシ 2

フグしか釣れない状況で、メジナの気配が無い。
諦めずにコマセを打ち込み、ポイントを作っていく。
今日はメジナは釣れないんじゃないかと思っていたら、やっと木っ端メジナが釣れた。
続いて、手のひらサイズ。
やっとメジナが釣れ出した所で、コマセが切れた。
水分も2ℓ飲み干して、丁度辞め時。

6/8 高磯

メジナ 1 スズメダイ 4 アイゴ 1

久し振りの磯に立って、久し振りに練り餌を使う。
スズメダイの大群が黒い塊になって、練り餌を取っていく。
サラシの中を狙って、やっと25センチ位のメジナが釣れた。
コーンを使うと、今度はフグが待ち受けている。
底を狙っていくと、根がかりして、浮きを流してしまった。
沈み根の壁を狙っていくと、道糸が取られて、再び浮きを失った。
最後に35センチのアイゴが竿を絞り込んで、引きを楽しんだ。

6/5 小坪テトラ

メジナ 29 フグ 25 サバ 3 イワシ 2

フグだらけのポイントに、コマセで呼び込んだメジナは、20センチ位の尾長。
小型しかいないと思って油断していたら、良型の当たりで、海藻帯に入られてしまった。
テトラの先端に出て、何度かテンションをかけると、上手く出てきた。
32センチのメジナを、無事に取り込んだ。

5/30 小坪テトラ

メジナ 15 サバ 17 フグ 10

20センチ位の尾長と小サバとフグが、交互に鈎に掛かってくる。
メジナは、25センチ位の口太が最大。
さらに大き目のメジナを掛けて、引きを楽しんでいたら、水面で鈎が外れた。
手返しが早くて、コマセをバンバン打っていくから、15:30にコマセ切れ。

5/24 根岸港

ボラ 2 海タナゴ 1

底を狙うとオキアミが取られるから、段々タナを上げていったら、海タナゴが釣れた。
障害物が邪魔だから、少し場所を移動する。
浅いタナを狙っていくと、ボラが連続で掛かった。

5/23 根岸港

メジナ 2 海タナゴ 1 コノシロ 1 フグ 1

オキアミが取られて、浅いタナにボラとコノシロの姿が見えるから、1ヒロで狙っていく。
魚が掛かって、コノシロかと思ったら、25センチ位のメジナが釣れた。
餌が残ったらタナを深くして、再び1ヒロまで戻ってきたところで、さっきより強い当たり。
28センチのメジナが、引きを楽しませてくれた。

5/17  根岸港

アジ  7  ボラ  1

始めて直ぐに、20センチ位のアジが連続で釣れた。
0.8号のハリスにボラが掛かって、引きも楽しめた。
昼になると、魚の気配が消えた。
我慢の時間を過ごして、夕方再びアジが回って来た。

5/5 根岸港

丸ボーズ

釣り開始から6時間後に、初めての当たり。
黒鯛やボラの引きでは無くて、重たいだけ。
エイなのか?カレイか?ゴミか?と考えていたら、鈎が外れた。

5/2 根岸港

ベラ 1 フグ 1

他に選択肢が無いから、今日も懲りずに根岸。
魚がいなくて釣れないのは分かっているから、我慢の時間を過ごす。
久し振りに棒浮きに変えて、浮きのトップを眺めていたら、理想的な当たりでベラが釣れた。

4/29 根岸港

コノシロ 1

昼からM氏の隣で竿を出す。
浮きが沈まない釣りは、楽しめない。
最後に仕掛けをひったくる感じで、コノシロが釣れた。

4/26 根岸港

コノシロ 1 フグ 1

昼から釣り場に入る、昨日より混雑している。
魚の気配が無く、オキアミが残って来る。
夕方雰囲気が良くなってきて、やっとコノシロが釣れた。

4/25 根岸港

アジ 2 フグ 1

久し振りにM氏の隣で竿を出す。
たまにフグがオキアミを取るだけで、浮きは沈まない。
海水を入れすぎてコマセが柔らかくて、遠投出来ない。
夕方20センチ位のアジが連続で釣れた。

4/23 小坪テトラ

メジナ 10 サバ 52 フグ 1

10センチ位のサバが、ポイントを埋め尽くしている。
コマセでメジナを呼び込んで、サバの包囲網をかいくぐって、メジナに付け餌を食わせる。
メジナは最大で26センチ。

4/22 ゴーシュ浦

メジナ 2 フグ 2

フグが海面まで浮かび上がって、オキアミはもたない。
海苔は消失寸前で、探し回って2級品を少量確保した。
潮がぶつかる地点で浮きが沈んで行き、当たりなのか潜り潮なのか分からないまま、海苔が無くなる。
今度も浮きの動きを注視していたら、見えなくなる所まで沈んで行った。
合わせると、良型がガッチリと掛かった。
前回ハリスを切られた根をかわして、39センチを取り込む。
2004221.JPG
良い感じになった所で、海苔とコマセがあとわずか。
念の為ハリスも2号に変えて、海苔をかき集めて鈎に刺す。
サラシにもまれながら浮きが消し込んで行く、今度はさっきより強引に浮かせて再び39センチをタモ入れ。
2004222.JPG

4/19 毘沙門ヌスットガリ

フグ 8

大荒れで、うねりが磯を乗り越えている。
奥の場所に入ったけれど、足元までうねりが這い上がって、一面真っ白で仕掛けを入れる場所が無い。
サラシの中に仕掛けを振り込むと、浮きがもまれてしまって見えないし、コマセは全く同調しない。
もっと穏やかな場所に、移動する。
ここは根に囲まれて、フグしかいない。
僅かな海苔を採取したから、使ってみる。
無反応な時間を過ごして、最初の当たり。
良型メジナの感触で、根をどうやってかわそうかと思っていたら、テンションが抜けた。
ハリスが切れたのかと思ったら、鈎が外れた。

4/16 小坪テトラ

メジナ 19 フグ 7 海タナゴ 2

今日は南西風ではないから、いつものポイントに入れた。
早速28センチのメジナが釣れたから、今日は数も伸びるのかと思ったら、なかなか鈎に掛からない。
30センチの口太と27センチの尾長も釣れた。
手返しが早くて、コマセをバンバン打つから、夕方までもたない。